8月31日は野菜の日らしい。【コラム】

831で「やさい」。
ただただ、それだけ。
まあそれだけなんだけど。GOGO7188のジェットにんじんが頭の中を流れている。昔流行った歌手の名前はジッタリンジン。

健康のためではなく、野菜ジュースが好きでよく飲む。いや、健康のためか。ジュースを飲むよりも、罪悪感が少なくなるのがいいよね。
ミニッツメイドやトロピカーナなんかもそう。果汁100%って聞くだけで、なんとなく罪悪感はゼロになる。果汁グミもだ。グミだけど、罪悪感はゼロ。罪悪感がないってことはどういうことか、わかりますか?
そう、カロリーがゼロになるのです。ゼロキロカロリー。太る可能性が、一切なくなる。

女子か。

わしゃ丸の内のOLか。

本当に丸の内のOLさんが見てたらすいません。
そんなことねえよ!って思われていましたら、ごめんなさい。僕の中で丸の内のOLって、そんなイメージなんです。

お昼ご飯は春雨スープに、おにぎり一個。もしくはキッチンカーで来ている豚汁とおにぎりとか。スープストックへ良く行ってる。窓際のカウンターで、容器を両手に持って「ふう」って言うてる。美と健康に気を使っていて、仕事終わりは六本木で飲んでいる。まあ昔はカルアミルクくらいしか飲めなかったけど、もう大人になったから、色んなお酒を飲めるようになった。カルアミルクで仲直りしようよ!って言われたりする。お休みはInstagramをやったりしたりしなかったり。映えを気にしている。

この偏見に満ちたイメージを!!みよ!!!
実際そんなことなくても石は投げないでね。

でもこれ、偏見だけど、丸の内のOLさんも僕らに対してゼッタイ偏見の塊がある。もうどっちもどっちなのだ。ここで戦ってしまうと、それこそ第三次関西関東戦争が沸き起こるから、ケンカはやめよう。偏見の塊を押し付け合うのではなく、認め合ってみよう。

だってさ、関東の人、めっちゃいうけどさ。「大阪出身なんだから、面白いでしょ!?」って。
いや、フリ、雑ーーー!!
「面白いこと言ってよ!」みたいな。
いや、そのフリ、雑――――!!

いやね、関西人のプライドとして、面白い自負はあるよ?多分素人界のスーパースターだと思っているんだよ?僕自身。ちょっと待って、読むのをやめようとしないで。
僕が面白いかどうかは一旦置いておこうよ。カルアミルクでも飲んでさ。

ひとつ、言わせてくれ。笑いというものを、君たちはわかっていない。急に面白いことをしろとフラれたとしょう。まず、この時点でハードルはガン上がりしているのだ。もうガンガン高い。走り幅跳びなのに、棒高跳びの高さを飛べって言われているような。いくらベリーロールを完璧に出来るまでだったとしても、無理があるくらいハードルが上がるのだ。その環境下では、すべての笑いは無に帰すのだ。まるでウユニ塩湖。スベった後始末は、誰がするのだ。
しかも、この後よ。スベったあとに的確なツッコミを入れて笑いをかっさらった気になってドヤ顔しているそこのお前だよ。ちげえよ、それはお前の手柄じゃない。スベった僕という存在があってこそ、それは笑いに変わっているんだよ。ここまで言ったらわかるでしょう。スベるということは、悪ではない。そのあとの適切なフォローが笑いに繋がるのだ。そして、笑いというのは単体で効果を発揮しない。会話のリズム、テンポ、空気感。そのすべてを鋭く読み切って、まるで詰将棋のごとく外さないことで生まれる。そのことを自覚しないといけないのだ。

僕のような滑り芸は、まるで桂馬の役割を果たす。
詰む前に、詰めろを掛けるための存在だ。つまり、僕がウケなくてもいい。最終的にすべてが笑いに変わってくれるのであれば、それだけでいいのだ。なんという献身的な精神を持っているのだろう。素晴らしい心の持ち主じゃないか。よっ!

さて、ここまで読んでいる人はなんとなくわかるだろう。
そう、自分自身が滑り芸を発揮しているのは、ぼくもわかっている。

面白くない関西人だって、いるんだよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました