こうしなければならない、という呪縛【コラム】

11月オープン予定の古書店。のこのこ書店です。
もうそろそろDIYが始まります。頑張ります。
とくに為にならないであろうコラムを、今日もせっせと書いています。

こうしなければならい、という呪縛

僕は、これを感じてしまう方である。
こうしなければならない、と強く思いすぎて、ちょっと変わったアイデアやなんかその他の何かとかを思いつくことはほとんどない。突拍子もないアイデアが出る人はすごいなあ。そしてそれを実行に動かすために色々な段取りを整える人はすごいなあと思っている。

ある程度の段取りがあって、ある程度の正解をなぞる行為は、頭を多く使わない分、楽だ。といっても常に頭を使わにわけではないし、フル回転するときもあるし、疲れ切ってもはや何もしたくなくなる時だってある。ただもちろん、アイデアを出す時もあるし正解をなぞるだけの仕事ばかりじゃないけどね。

特別苦手なことはないけど、特別得意なこともない。平均点ボーイ。

容姿も中の下くらいだと思っている。え?下のランクだって?それは誹謗中傷だよ。ダメ。ゼッタイ。

日本人の平均を取ったら、いい例に僕が来るんじゃないだろうか。そんな気持ちにさえなる。落ち込んでいるわけではないよ。それでも、やりたいことを見つけて、やりたいようにチャレンジ出来ているんだもん。これほどありがたいことはないよ。

そんな感じの人間だから、それなりに出てくる問題があってだね。
「こうしなければならない呪縛」との戦いが良く巻き起こる。
ウォー。自分世界大戦だ。もう第十次自分世界大戦くらいになってきていて、ビルゲイツもびっくりするくらい原始的な戦いになっているんだろう。

こうしないといけないよ。そうささやいてくる僕
VS
いやそんな決められたこと出来るかいなという僕

彼らは、なんか知らんけどいつまで経っても仲良くなってくれない。
いい加減戦いすぎた後に、ノーサイドの笛を鳴らしてほしいもんだけど、いつまで経っても微妙な距離感。
しかも、やっかいなのが戦っていないときは冷戦状態だってこと。平和条約を結んだわけではなくて、どちらも戦争の準備をしていること。
だから、心が平和な時に調子に乗ると、後でどばっと戦争が起きるのだ。自分世界戦争が。ああ、なんて自分はめんどくさいのだろう。そのたびに思う。けれども、一晩寝たら多少忘れるし、しんどさもなくなったりする。まあ戦うのにも体力がいるわけで。頑張りすぎたらいけない。考えすぎない毎日も、大切。

不安は、探せばキリがない。

自分世界大戦のときとか、まさにそうなんだけど。
考えすぎてしまって、袋小路に入っていく。しかも、そんな時に湧いてくるのは良くない考え。まぐろの刺身を横にしたときに流れてくる血みたいな感じ。どんどんあふれ出てくる。新鮮なマグロだったらよかったのに。

不安に一旦目を向けると、そのまま不安に飲み込まれていく。不安は、どこまで行っても追いかけてきて、抜け出そうとすればするほど、おぼれていく。
そうそう、海とかでおぼれた時は、暴れずに力を抜くといいらしいよ。そのままスーッと身体が上に上がっていくから。

それと同じ!というわけではないけど、ほんと、不安なんて探し始めたらキリがない。終わりはどこにもない。

まずは、仕事の心配。そしてお金の心配。そこから進んでくるのは老後の心配。日本の心配に繋がって、最後の最後に世界の心配や環境問題に入り込んでいく。

そこまで心配しても、僕一人の力で変えられるものなんてないのにね。

そんな時にSNS見たらダメ!まるで不安に思ったことがないかの如く、もっと頑張れば不安はなくなる!と言わんばかりに話が出ている。
なるほど、僕が頑張っていないから、不安は来るのか!もっと頑張ればいいのか!!と。

でもそうなっても、また次の不安は順番待ちしている。1000円カットなら赤いランプが灯るくらいの順番待ち。ノー密!!

不安はどこまで行ってもなくならない。不安を感じなくなる方法じゃなくて、不安と上手く付き合っていくのが必要なのかもしれない。
まあ、まだまだ仲良しには鳴れていない。
一体いつになれば仲良しになるんだろう。冷戦!!勃発!!世界情勢は安心できるところに、まだまだ行きつかないなあ。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました