頑張る、頑張らないより、頑張らないで出来るような形【コラム】

11月オープン予定。のんびりした古書店(予定)ののこのこ書店です。
特にタメにならないコラムを書いています。

頑張る、頑張らないより、頑張らないで出来るような形

日本人は頑張りすぎる。
よく言われるセリフである。あと、勤勉、真面目。などなど。
そんなイメージから、1940年代。戦争中。アメリカが日本を風刺するポスターは出っ歯でメガネをかけた、のび太君スタイリーなイラストが使われていたそうな。

日本人は勤勉、らしい。
らしいっていうのは、直接聞いたのは一回だけだから。
大学生のころ、スウェーデンかの北欧あたり出身の、シュナイダーみたいな名前の人に教えてもらった。一回しかあったことないけど。

さて2020年代。実際に日本人はどうなのだろう。
欧米化や欧米傾倒が進んできて、今もなお、努力を惜しまない民族性を持っているのだろうか。
っていう、小難しい民族論を話したいわけではない。

込み入った話も好きだけど。込み入った話は、なにか別の日に。ビールかハイボールでも飲みながらしましょう。大歓迎。

ただ、同じ「前にならえ」からずれることが苦手な気はしている。ずれた人は「異端者」。成功していれば「稀代の〇〇」になるのかな。

世間的に「もっと頑張ろうぜ!」という風潮は感じる。昨今のコロナによって、世の中はグラグラになっているから仕方ない。

先日、とあるYouTubeが炎上していましたね。
現状低所得層は、努力が足りていないだけだっていうやつ。
「もっと頑張れ!」を煽るやつ。

どちらかだけが正しいとは思っていない。
努力が足りていないのかもしれないし、逆に努力っていう抽象的な言葉で語られるほど、簡単な問題ではない気もしている。世の中っていう話になると大きいね。僕は出来るだけ互助のシステムをなくしていいとは思っていないとだけ、言っておきます。それが努力の有無ではなく誰でも降りかかってくるものであるかもしれないから。僕だって、明日には車に轢かれて植物状態になるかもしれへんし。何かの拍子でPTSDになって、パソコンを打とうとしてもできなくなるかもしれないしね。それはわからない。だから、出来るだけ互助。可能な限りでいいから。

何にせよ、もっと世の中にはグラデーションがあってもいいと思っているんだよね。
「頑張ろう!今日はやってやるぞ!」っていう気分の時もあれば「もう一日寝てたい、しんどい」っていう時だってある。人間は二面どころか、すべらない話のサイコロばりに何面も存在していて、たまに星がでて「どの人格」でいくかがわからなくなったりもする。

だから、白か黒かで済む話ではないことが多い。
グレーな世の中。ハウエバー。柔らかな風が吹いていらあ。

だから沢山の考え方があっていいし、沢山の考え方を話し合える空気感があったら最高。
んで、無理がない限り、お互いが支え合えたらいい。誰かと僕らが、実は助け合っているって素晴らしいじゃないか。せっかく人間に生まれたからには、そうしたい。
しかしながら、世間のサービスや福祉が上手くいっているともおもっていない。まあここら辺はまた話しましょう。出来れば芋焼酎のお湯割りでも飲みながら。芋焼酎苦手なら、レモンサワーを用意しておくね。

頑張らないシステム作り

前置きが長くなって本題を書いていませんでした。

さて、頑張らないためには頑張らないためのシステムを作っちゃえばいい。
例えば、ご飯食って、ゴロゴロ本読んでたらもうお風呂入らずにそのまま寝たい!って思ったり。眠たくなってくるもんね。
歯磨きも、もういいや。ああ、頭のワックスついたまんまだ。はげるかも。でももう眠い。足が臭いけど、もういいや。
って感じ。

んで、電気も消さずに寝ちゃうもんだから、大体三時ごろに目が覚める。
お風呂入って歯磨いて、ってしたら次は布団の臭いが気になって次の日、シーツを洗う運命が待っている。余計な仕事を、自分自身で増やす感じ。

だから、大体僕は帰る前にお風呂へ入るようにしている。そしたらご飯食べてそのまま寝てもOK。なんの問題もない。しかもサウナに入れるから心はワクワクしている。ワクワクが僕を動かしてくれる。遅くなったときは帰ってすぐにシャワー。頑張らない仕組み作り、大事。

頑張る!っていうのを、ざっくばらんに分解したら、一番労力掛かってストレスのかかる場所は「動き始め」にあるそうだ。やり始めること。開始したら意外とみんな大丈夫だったりする。ちなみにこのブログを書くまでにもすごい時間かかっている。書き始めるまで。

だから、頑張らない形を作ればいい。毎日歯を磨くみたいに、自然にできるようにすればいい。ちなみに僕は歯磨き嫌いだけど。

僕の場合は、やらないといけないことが一日三回、ライン通知が来るようにしている。たまにうるさくてうっとうしいけど、便利なもんで昨日までの僕に感謝したくなる。ありがとう、僕。

頑張るのがえらいんじゃない。
頑張らなくていい、でもない。

自分が、頑張っていると脳が感じることなく出来る、自分なりのやり方が大切。

習慣に出来なくってもいい。習慣化するのが、実は一番難しいしね。

さっきも書いたけど・・・

あくまでこれは僕の例。
これが全てだとも思っていない。
頑張れない人だっているはず。それは認めている。

だから、誰かが何も知ることなく、YouTubeとかで批判していいことではない。

一面しか知らなかったら、すべらない話もずっと松本人志がしゃべるだけで、まっちゃん好きやけど僕は小藪一豊の話が聞きたいのよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました