全ての、書く人へのエール 書きたい生活/僕のマリ

こんにちは。
のこのこ書店です。
本日は、僕のマリさん著「書きたい生活」について。
書く仕事をしている人も、書く仕事をしていないけど書くのが好きな人も、読むのが好きな人も。
是非に。

書きたい生活/僕のマリ

常識のない喫茶店でデビューした僕のマリさん。
ちなみに僕は常識のない喫茶店は読んでいません。(そのうち読みたいなあとは思っています)

カスタマーファーストではなく、ちゃんと愛してくれるお客様を大切にしている喫茶店の話。それは、今回の「書きたい生活」でもきっちりと書いてくれていました。

読みたいなあ、と思いながら。

さて、今回の「書きたい生活」。

喫茶店を辞めて、結婚して、過ごしていく毎日を日記で書いている作品です。
それだけ、と言えばそれだけなんですけれども。
人の生活を除き見せてくれているような。
そんな気持ちになる本です。
良いなあ、と思ったり。こんな感じで生活してみたいなあ、と思ったり。
とにかく、「書く」という行為が生活の礎になっていて、ずっと書いてきているんだってわかる本。
これから先も書き続けるだろうと、そんな形で書いています。
書いてほしいなあ。書き続けてくれる人がいると、それをずっと見ていたくなる。
僕も書く生活をする人だけど、書きたくなくなる時は、やっぱりあって。
そんな時でも書いている時間は、やっぱり楽しくって。
書くことは、この先もやめないんだろうなあ。

そんな思いにさせてくれる本です。

 

 

のこのこ書店は、本のセット販売を行っています。
4冊セットの「旅する本」をぜひお買い求めください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました